なるほどFLASH講座
 FLASHで描画する際、「線と塗り」の理解は重要です
ホームFLASH > 線と塗り
■線と塗り

楕円ツールや矩形ツールで絵を描くことができますが、
線と塗りの取り扱いに癖がありますので、慣れるまで練習する必要があります。
 
線と塗り
線と塗りの説明
楕円ツールで円を描いてみました。図形の外枠を、中を塗り(面)と言います。


作業中大切なことは図形の何を選択しているかを常に意識することです。
選択(ここではあえて線を太くしてわかりやすくしています)
線を選択した画像
塗りを選択した画像
線と塗り両方の選択画像
【選択方法】
選択ツールで周りの線をクリックします。
線だけが網がけ表示になります。
【選択方法】
選択ツールで中をクリックします。
面だけが網がけ表示になります。
【選択方法】
選択ツールでドラッグする。
・中でダブルクリックする。
 
選択したものに対して「移動(ドラッグ)」「削除(Delete)」「色に変更(プロパティ)」などの操作が適用できます。
その際、画面下(通常)に出るプロパティインスペクタでどのような設定変更が可能か確認しましょう。
(下図は線と塗りのプロパティインスペクタ)
プロパティインスペクタ
 
重ね合わせ
 描画ツールで描いたものは、重ねあわせると下にあったものは消えてしまいます。後述するレイヤー分け、グループ化またはシンボル化などで回避します。
重ね合わせで消える画像
 
描画
 描画ツールを組合わせたり、修正したりして色々な絵を描くことができます。たくさん描いてコツを掴みましょう。
変形1
変形2
変形3
 
塗れない!
吸着していないため色が塗れない図
線で描いた図形の内部を塗ろうとしてうまく塗れないときがあります。そんな時、バケツツールオプションの『隙間を〜』を変更してみましょう。(左下図)

線と線が離れないようあらかじめ「吸着」 の設定をしておくのも効果的です。


バケツツールオプション
背景をグラデーション説明図
背景にグラデーションをかけるには
キャンバスと同じサイズの四角形をかきましょう。

FLASHでは閉じた図形しか色を塗ることができません。背景色を変更しようと一生懸命バケツでキャンバスをクリックする光景がよく見られますが、例えば背景にグラデーションをかけたければ、キャンバスと同じ(かそれ以上の)四角形を用意する必要があります。(上図)
 
演習問題
次のような絵を描いてみましょう。

1.立体図形

2.ヒトデ
3.帽子
4.握りこぶし
立体図形

ヒトデ
帽子
握りこぶし
滑らかな線吸着/自由変形
ホームへ戻る