なるほどFLASH講座
 簡単なアニメーションを作りながら基本の操作と用語を学習しましょう
ホームFLASH > パラパラ漫画
■パラパラ漫画
アニメーションの基本はパラパラ漫画です。
教科書の隅っこにいたずら書きをした経験は誰にでもあるのでは・・?
アニメが動くという時間軸をタイムラインといいます。
以下の操作を通してアニメ作りの基本をマスターしましょう。

タイムラインとは
タイムライン説明図
 レイヤー毎にある横軸がタイムラインすなわち時間軸です。時間の経過と共に変わる画像の設定をここでやっていきます(左図青矢印)。

小さなコマがたくさん並んでいますが、ひとつひとつのコマをフレームと言います。

12.0fpsとあるのは1秒間に12フレーム動かすよ・・・という意味です。(デフォルトは12.0fps,変更は可能)
フレームとキーフレーム
空白キーフレーム説明図
画面、タイムライン周辺の変化に注目しましょう。 まず、新規では1フレームに小さな白丸があります。 これを空白キーフレームと言います。 (左図赤矢印
キーフレーム説明図
次にキャンバスに絵を描いてみます。するとフレームに薄紫の色がつき、黒丸に変わりました。これがキーフレームです。(左図青矢印

このキーフレームが場面の転換を行う重要な存在になります。
キーフレームの挿入
では、走るオバサンをテーマに絵を描きましょう。

1フレーム目の絵ができたところで、2フレーム目を選択し(左図赤矢印)、右クリックしたところで、「キーフレームの挿入」を選択します。
メニューから「挿入→タイムライン→キーフレーム」でも構いません。
キーフレームについての説明図
キーフレームが挿入されました。同時におばさんが反転表示されています。重要なことは1フレーム目と2フレーム目のおばさんは別物ということです。
(例えば2フレームのおばさんを削除しても1フレームのおばさんは消えません)

ここで、いったん選択を解除し、2フレーム目のおばさんに少しだけ修正を加えます。
パラパラ漫画の作り方
2フレーム目のおばさんは、髪の毛と手を少し動かし、左右の足を交換しました。

では次の操作をしてみましょう。

キーボードから「Ctrl+Enter」または、メニューから「制御→ムービープレビュー」
ムービーの完成です!(簡単ですね)
1フレーム目と2フレーム目のおばさんが交互に表示されることで、動いているように見えます(ぎこちないですが)。

編集画面に戻るため以下の操作をしましょう。

キーボードから「Ctrl+W」
色々な言葉が出てきました。とっつきにくいとは思いますが頑張って理解しましょう。
タイムライン・フレーム・キーフレーム・空白キーフレーム

 




ホームへ戻る