なるほどFLASH講座
 シンボルの階層構造を理解して、よりレベルの高いアニメーションを作りましょう。
ホームFLASH > シンボルの階層
■シンボルの階層

複数のシンボルをまとめて新たなシンボルを作ったり
シンボルの中にシンボルを作ったりすることができます。
これを「階層構造」と言います。
よりレベルアップしたアニメーションの作成が実現します。

(蟻を見ないで作ったので動きが変かも・・)

蟻のシンボル分け
【シンボル分け】
描画の段階から、シンボル分けについて計画を立てると良いでしょう。ここではまず、頭・胴体(?)・お尻に3分割して作成を始めています。
シンボルの中のシンボル
【シンボルの中のシンボル】
胴体部分は複雑なので、更にシンボル分けします。3×2本の足、頭部も触覚部分は独自のシンボルとなります。


シンボル独自のタイムライン
【独自のタイムライン】
左図緑矢印部分は以下の意味を表します。
・シーン1に配置した蟻というシンボル内の
・真中(胴体部分)シンボル内の
・左足後ろシンボル

それぞれのシンボルはルートタイムラインとは異なる独自のタイムラインを持ちます。ここでは20フレーム内でのこの足の動きを設定しています。
演習問題
次のようなアニメーションを作ってみましょう
ハタタテダイ



ホームへ戻る