なるほどFLASH講座
 FLASHムービーとファイル形式について学習しておきましょう。
ホームFLASH > ムービーの書き出し
■ムービーの書き出し
ムービーの書き出し作業手順
【ムービーの書き出し】
メニューから「ファイル→書き出し→ムービーの書き出し」の順で操作し、SWF形式として保存しましょう。

これがアニメーションファイルです。単独でも動作しますが、Webでは通常はHTMLファイルに埋め込まれた形で公開されています。



swfファイルの確認
【Ctrl+Enter】
簡易的にキーボードから「Ctrl+Enter」または、メニューから「制御→ムービープレビュー」などの操作でアニメーションの動きを確認してきましたが、このときも「swf」というファイルが作成されていたのです。(左図赤矢印

FLAファイルに修正を加えたら、新たにSWFファイルを生成し直さないとアニメーションは更新されません。
HTMLによるパブリッシュプレビュー
【パブリッシュ】
SWFファイルをWeb上で使うためには「パブリッシュ」します。

手順はメニューから「ファイル→パブリッシュ→パブリッシュプレビュー→HTML」。


HTMLファイルの確認
【HTML】
パブリッシュするとWebブラウザが起動し、アニメーションが埋め込まれたHTMLファイルが表示されます。

フォルダにはHTMLファイルとSWFファイルが同時に生成されています。
Flashムービーのソース
【HTMLソース】
ソースと表示させると見たこともないタグが並んでいてちょっとビックリしますが、左図のように<object〜/object>の部分(左図赤矢印内)がアニメーションを表示させる記述です。
この部分をコピー&ペーストで他のファイルに利用することも可能です。
Netscapeメニュー
【Webブラウザ】
Internet ExplorerではFlashムービーを更新してもそれがすぐには反映されないことがありますので、Netscapeなど別のブラウザで動作確認をした方が良いでしょう。
シンボルの階層 ・ 作成中



ホームへ戻る